スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじまり1

はじまりは、この日だった。

平日の深夜だった。
人影まばらなテラの倉庫前で、私たちはパーティーを組んで話していた。
ヲリさんと、バルさんと、マジの私の三人パーティー。
私たちの関係は、何度かいっしょに狩りをしたことがある知人どうし。レベルやログインする時間が似ていて、何度か顔を合わせるうちに親しくなった。
親しいといっても三人ともクロノスを始めて日が浅かったから、チャットは楽しいながらもどこか気を遣いながらで、狩りの精算を終えたその日も話題は途切れがちになっていた。
日付が替わったころバルさんが切り出した。
「そろそろ落ちるね」
ほどなく
「俺も寝るねー」
ヲリさんのチャットが流れる。
半ば救われたような気持ちで私も落ちますと挨拶した――直後。
「あれ何かな?」
唐突にバルさんが言った。
「何だろうね」
ヲリさんも言う。
2人が何の話をしているのかわからずにいると、ヲリさんがその場をうろうろと歩いた。画面を回転させてヲリさんの動きを追うと、さっきまで三人しかいなかった倉庫前にもうひとりキャラクターがいるのに気がついた。
いつからそこにいたのか、その人は普通のキャラクターの容姿とは異なる何かの姿に変身していて、その格好でアイテムを次から次に地面に置いている。
次々に地面に現れるアイテムは黄色や紫色で表示されていたから、私たちのような初心者にも一目でそれが高価なものだとわかった。
みるみるうちに倉庫前が捨てられたアイテムでいっぱいになっていく。
「何だろうね」
「倉庫整理してるのかな?」
地面に置かれたアイテムは捨てたとみなされて誰かが持っていってしまうこともあるし、時間が経過すれば消えてしまう。だから倉庫整理のために仕方なくアイテムを地面に置くときは、長時間置きっぱなしにならないよう時々拾い上げる場合もあるくらいだ。
プレイヤーがゴミアイテムのNPC売りを面倒がって地面に置いて自然に消えるのを待つのならよくあることだけれど、その人はゴミには見えない高額そうなアイテムを地面に置いたままにして拾い上げるそぶりも見せない。
「変なことしてるね」
バルさんの言うとおり、普通に考えればその人のしていることは変だった。

「捨てちゃうんですか?」
その人に話しかけたのは、ヲリさんだったか、バルさんだったか。
知らない人に話しかけるのだから答えが返ってくるかどうかわからなかったけれど、しばらくして返事があった。

「あげるー」

それを聞いたとたん、あの人は何をしているんだろうと話していたパーティーのチャットがぴたりと止まった。
少しの間。バルさんが聞き返す。
「いいんですか?」
驚いて、半ば疑って、半ば期待して。

「うん」

返事は明快だった。
「わーい」
私たちは喜んだ。パーティーチャットが勢いよく流れる。
「太っ腹!!」
「くれるんだって」
「気前いい人だね」
「くれるって言うんだから、もらおうよ、消えちゃうし」
そんなログを流しながら、めいめいアイテムを拾い集める。
私は運のよさを喜んでいた。
本来なら苦労しなければ手に入らないはずのものを簡単にもらえたことに。その人がアイテムを捨てている場に居合わせたことに。

私たちが嬉々としてアイテムを拾うそばで、アイテムに囲まれたその人は動かない。
声をかけたのは、また、バルさんだった。
「あなたはいらないんですか?」











次へ>>
スポンサーサイト

ジャンル : オンラインゲーム

テーマ : 眠らない大陸クロノス

はじまり,

サイト紹介

※当ブログについて
オンラインゲーム『眠らない大陸クロノス』の体験記です。
ゲーム内で起こった出来事や出会った人のことを忘れないように残しておきたくて書いています。
現在はクロノスを離れており、引退という言い方をするのに抵抗がありますが、そういった状態です。


※登場する人やギルド
実在しますが名前は変えています


※コメント
コメ欄を非表示にしています。
以前いただいたコメは表示されていませんが、読みました。うれしかったです。


※リンク
リンクしていただいた方のブログは、気がついた時にリンクにいれるようにしています


※画像およびデータの帰属

クロノスの画像を使うときはこの文章をブログに入れて下さいということなので書いておきます
利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。
許可無く利用又は転用は出来ませんので予めご了承下さい。
(C)2008 Lizard Interactive Co., Ltd. All Rights Reserved.





1日目

というわけで、やってみました。

ペリィモ何匹倒せば太陽の石が出るのか!?

続きを読む »

ジャンル : オンラインゲーム

テーマ : 眠らない大陸クロノス

番外編 クエストをつくってみよう!

※番外編は画像アップロードの練習用に置きました。読み物としては面白くないです。

続きを読む »

ジャンル : オンラインゲーム

テーマ : 眠らない大陸クロノス

1日目まとめ

それでももうちょっとだけ狩って、530匹目。

続きを読む »

ジャンル : オンラインゲーム

テーマ : 眠らない大陸クロノス

2日目

2日目は、開始13匹目で+3スタハンが落ち、1日目と変わって順調な滑り出しとなりました。

続きを読む »

ジャンル : オンラインゲーム

テーマ : 眠らない大陸クロノス

2日目まとめ

太陽の石は出ませんでしたが、まだ2日目。気長にいきたいと思います。

続きを読む »

ジャンル : オンラインゲーム

テーマ : 眠らない大陸クロノス

はじまり2

返ってきたのは簡単な返事だった。

「うん。クロノスやめるから」

私たちのパーティーチャットは止まった。
クロノスを始めて日の浅い私たちは、アイテムを手に入れて喜んでいる。
けれど、目の前に今まさにクロノスを去ろうとしている人がいて、その人は閑散としたテラでアイテムを捨てている……。
チャットが止まったのはせいぜい十数秒だったし、その時ヲリさんとバルさんが何を考えていたかはわからない。
ただ、その十数秒の間にキャクターが画面を動くことはなかったし、誰かが話題を変えて話し始めることもなかった。

チャットを動かしたのはバルさんだった。
「やめちゃうんですか?;;」
「うんw」
「なんでやめちゃうの;;」
詮索されるのはあまりいい気がしなさそうなものだけれど、その人は特に気分を害した風でもなかった。

「飽きたwww」

バルさんは
「・・・w」
と発言して、それ以上は聞かなかった。
「飽きたんですかw」
ヲリさんがその人の周りを歩く。

「そそwだから勝手に拾ってw」

その人は地面に置かれたアイテムを取るよう私たちに重ねてすすめた。

「どれでも好きなの持ってってwもう必要ないから」

言われて、私たちのパーティーチャットはまた流れ始めた。
「どれを拾えばいいかわからない^^;」
アイテムを拾って、性能を見てはまた拾う。
「いっぱいあるから><」
時々ノーマルチャットで発言して、
「誤爆^^;」
「w」
アイテムを捨てている人とそんなふうにやりとりした。

「君の職はヲリ?」

ノーマルチャットでその人からアクションがあった。
その頃になると、はじめは大きな敵の姿に変身していたその人の変身は解けて、私たちと同じキャラクターの姿に戻っていた。
歩き回るのをやめてヲリさんが答える。
「はい。ヲリやっていこうかなーと思ってますー」

「なら、その××を持っておくといいよ。HPが増えるから」

「???」
何を拾えばいいか決めかねている私たちにその人がアドバイスしてくれているようだというのはわかるけれど、話が見えない。
チャットに?が並ぶ。
「ヲリのことわからない;;」
「はい><」
無責任に言い合っているバルさんと私をよそに、
「ヲリでHPが増えると何かあるんですか?」
直接聞いたのはヲリさんだった。
少し経って、

「HPが増えると●●でやれるしねw」

それまでその人の返事が明快なものばかりだったからか、その言い方は少しあいまいな言い方のように感じた。
――●●って何だろう。
ノーマルチャットに三人三様の『?』が流れる。
その人なら付け足して説明してくれそうなものだけれど、しばらく待ってもその人は●●について話してくれそうにない。
気がつけば、アイテムを捨てる音はいつのまにか聞こえなくなっていた。
「●●って何ですか?」
とうとうヲリさんが聞いた。










<<前へ
次へ>>

ジャンル : オンラインゲーム

テーマ : 眠らない大陸クロノス

はじまり,

| TOP | NEXT >>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。